FC2ブログ
民主党!鳩山総理の実力は?日本の未来がかかってます!政治、経済にかんする日記です!
注目の衆議院解散総選挙(1):いよいよ目前!選挙特需で材料視される銘柄
20090504-00000024-scn-bus_all-thum-000.jpg
注目の衆議院解散・総選挙の時期については、7月のイタリアでの主要国首脳会議(サミット)後との見方が多いようだ。しかし3月31日に、麻生太郎首相が記者会見で「09年度補正予算案に民主党などが強く抵抗すれば早期解散も辞さない」との考えを示したことを機に、与党内では5月解散説が浮上するなど、さまざまな思惑が交錯しているようだ。

また、内閣支持率や政党支持率の動向の見極め、5月の大型連休前に提出される見込みの09年度補正予算案の審議状況、これまでの景気対策の効果の見極め、景気底入れの見通しなどに加えて、7月のサミットや東京都議選など、重要イベントの日程との兼ね合いもカギとなるだろう。

 いずれにしても総選挙は実施される。そして、衆議院解散・総選挙のムードが高まってくれば、株式市場では選挙関連の特需が材料視され、選挙関連銘柄が物色される可能性が高いだろう。過去の選挙時における関連銘柄としては、投票用紙分類機・計算機で国内最大手メーカーのムサシ <7521> や、コールセンター・テレマーケティング大手の、もしもしホットライン <4708> などが代表的である。この他にも、選挙特需が期待される関連銘柄に注目しておきたい。

 選挙特需が期待される代表的な業界としては、選挙やイベント用の資材・機材・印刷関連業界、人材派遣業界、警備サービス業界、世論調査・コールセンター・テレマーケティング関連業界、広告・イベント・PR支援関連業界、住宅地図・データ関連業界などが考えられる。

 選挙やイベント用の資材・機材・印刷関連では、投票所で使用する投票用機器やシステム、選挙活動に使用する選挙カー用スピーカーなどの機材関連、DM・チラシ・ポスターなどの印刷関連、選挙事務所で使用する什器・備品関連などの分野で、選挙期間中を中心に特需の発生が期待される。

 この分野では、 投票関連機器で最大手メーカーのムサシ <7521> のほかに、貨幣処理機を主力事業として投票関連機器なども手掛けるグローリー <6457> 、業務用音響・放送機器事業を主力として選挙カー用スピーカーを手掛けるTOA <6809> 、オフィス用の什器・備品・事務用品などを手掛けるアスクル <2678> 、封筒業界の最大手でDM用の窓封筒に強みを持つイムラ封筒 <3955> 、地鎮祭や竣工式など式典の企画・設営を主力事業とするセレスポ <9625> 、拡声器や椅子・テーブルなどの選挙用品を貸し出す西尾レントオール <9699>などが、関連銘柄として想定されるだろう。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
政治ランキング
経済ランキング
ビジネスランキング
スポンサーサイト




2009-05-04 Mon 11:11
別窓 | 選挙 | コメント:0 | トラックバック:0
<<企業に「買ってと言いにくい」…資金パーティーで民主悩む | 民主党!鳩山総理応援会!日本の未来! | 「景気回復は来年以降」が半数 主要企業アンケート >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 民主党!鳩山総理応援会!日本の未来! |