FC2ブログ
民主党!鳩山総理の実力は?日本の未来がかかってます!政治、経済にかんする日記です!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
内閣総理大臣とは
内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん)

日本の行政府である内閣の長の官職名である。

「総理大臣」または「総理」と略され、「首相」とも通称される。なお、総理大臣に妻がいる場合、その女性はファーストレディと言われる。


<語源>

「総理」という言葉は漢字文化圏において「長」または「首席」という意味を持っており、そのため「内閣総理大臣」とは「内閣の首席大臣」という意味がある。内閣総理大臣の雅称として「宰相(宰相は律令時代には参議の唐名であった)」と呼ばれたこともある。


<歴史>

明治初期の太政官制を引き継ぎ、それまでの太政大臣に相当する。

当初1885年(明治18年)から1889年(明治22年)までは、天皇の行政権執行を補佐するため内閣の代表として各省大臣を統率し政務を処理する地位にあった(「内閣職権」)が、1889年の大日本帝国憲法施行にあわせて制定された内閣官制により、内閣総理大臣の権限は縮小され、それぞれ単独で天皇を補佐する各大臣の「同輩中の首席」として行政各部の統一を図る地位となった。初代内閣総理大臣は伊藤博文(公爵)。

戦後、1947年(昭和22年)の日本国憲法施行により、行政権は天皇から内閣に属することとなり、内閣総理大臣はその内閣の長として権限が強化された。

戦前と戦後の総理大臣の地位における最大の相違は、現行憲法下の総理大臣が内閣の首長と位置づけられている点にある。このために現在の総理大臣は、閣内に意見の不一致が起こった場合、反対派を罷免して自らの意見を通すことができるが、旧憲法下の総理大臣は内閣における各大臣の首席という位置しか与えられていなかったために、閣内不一致が起こった際には反対派を説得するか、内閣総辞職するかの方法しかなかった。戦前の内閣がきわめて弱体であり、行政権の行使にあたって必ずしもリーダーシップを発揮できなかったのは、このためである。

よく誤解があるが、衆議院の解散は内閣総理大臣の専権ではなく、あくまで「内閣」の権限である(内閣の助言と承認により天皇が行う)。従って、閣議で解散が決定されないかぎり、内閣総理大臣は解散権を行使できないことになる。

もっとも、解散を決意した場合、反対する大臣を罷免し、自らが兼務することもできるのであるから、実際には総理大臣が解散を行うと決めた場合、これが阻止される可能性は法的には無い。このように大臣に対する任意の罷免権の効果は極めて大きい。


<日本国憲法下における地位>

行政権の主体たる内閣の首長(日本国憲法第66条第1項)であり内閣官房、内閣法制局ならびに内閣府の主任の大臣でもある。

国会議員の中から国会の議決により指名され(首班指名)、天皇によって任命される。資格は文民且つ国会議員である事。但し実際には、衆議院において最大勢力を占める政党の党首がその責に任じる例がほとんどである(自民党有力者が度々口にする「総理総裁」)。国会議員として首班指名を受け続ける限り、再選に制限はない。

内閣総理大臣が欠けた場合または衆議院の総選挙後に初めて国会の召集があったときには、内閣は総辞職するが、次の内閣総理大臣が任命されるまでは旧内閣が引き続きその職務を行う(俗に「職務執行内閣」という)。日本国憲法施行後、内閣総理大臣が欠けた事例には、1980年の大平正芳第69代内閣総理大臣の死去、2000年の小渕恵三第84代内閣総理大臣の危篤がある。

内閣総理大臣が外遊など一時的な理由で国内で職務を行えない場合は、内閣法第9条に基づいて国務大臣の一人が内閣総理大臣臨時代理としてその職務を代行する。2000年4月以前は、組閣時に内閣総理大臣臨時代理予定者に指名された国務大臣を副総理と呼ぶ慣行があった。

<内閣総理大臣をめぐる逸話など>

内閣総理大臣の叙位は従一位、正二位または従二位、叙勲は大勲位または桐花大綬章を受けるとされる。
戦後初の内閣を担い、戦前戦後を通して唯一、皇族出身の内閣総理大臣となった東久邇宮稔彦王は、総理在任中、「内閣総理大臣 稔彦王」「東久邇首相宮(―しゅしょうのみや)」などと呼ばれた。


<各種記録>

最長在任数記録 桂太郎 2886日

最長連続在任数記録 佐藤栄作 2798日

最短在任数記録 東久邇宮稔彦王 54日

最年長在任記録 鈴木貫太郎 77歳8ヶ月

最年少就任記録 伊藤博文 44歳3ヶ月

最多回数任命記録 吉田茂 5回

在職中に暗殺された内閣総理大臣 原敬、濱口雄幸(遭難後病後不良により死亡)、犬養毅

暗殺された内閣総理大臣経験者 伊藤博文、高橋是清※、齋藤實※(※は2.26事件で遭難)

自殺した内閣総理大臣経験者 近衛文麿

法務死等の内閣総理大臣経験者 広田弘毅、東條英機、小磯國昭

在職中に死亡した内閣総理大臣(暗殺を除く) 加藤友三郎、加藤高明、大平正芳

在職中に意識不明となり退任した内閣総理大臣 小渕恵三(退任後、意識が戻らないまま死去)

後に衆議院議長になった内閣総理大臣経験者 幣原喜重郎

立法・司法権の長の経験者である内閣総理大臣 平沼騏一郎(元大審院長)、近衛文麿(元貴族院議長)

※…なお、伊藤博文は内閣総理大臣辞任後に貴族院議長となり、後に内閣総理大臣に再度任じられている。


<血縁者に総理大臣経験者がいる総理大臣>

佐藤榮作、岸信介(続柄:兄弟)
近衛文麿、細川護熙(続柄:祖父と孫)
岸信介、安倍晋三(続柄:祖父と孫)


<外国における内閣総理大臣>

かつて、東アジアにおいて内閣総理大臣という名称の役職が存在した。

かつての大韓帝国の首相の名称。
かつての清帝国の首相の名称。立憲君主制を志向した1908年の憲法大綱に基づき、1910年に西欧的な内閣制度を整備した。初代首相は慶親王、2代首相は袁世凱。



スポンサーサイト

2006-12-09 Sat 08:06
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<自民党の派閥! | 民主党!鳩山総理応援会!日本の未来! | 自民党の歴史!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 民主党!鳩山総理応援会!日本の未来! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。